みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほのか
なにげなくメル友...
終わるのは簡単、...
結婚式はふたり、...

窓乃雪
桜_2018
花開く
非日常の迫真

Sinryu199…
モンハンワールド

ふみえ♀
メル友さんいませ...

ふぐやまふぐこ
大天使ミカエルの...
はじめまして

エビス
楽しく話を





05/21 安心メール交換...
05/12 WordPressを導...
05/12 コミュネス ワ...
04/26 3Dテレビ+専...
04/04 爆弾低気圧の爪...
03/30 キュアキャンデ...
12/19 インターネット...
08/05 どこにいったや...
07/15 ハートカップの...
06/22 iPhoneの新型iO...
06/10 iPhone4公式発...
05/16 ミシン壊れた〜
12/19 次の旅は・・・...
12/18 心眼を鍛える
11/25 庄内の冬の準備...
10/15 私の家のと同じ...
08/08 ありがとうの花束
05/17 エコポイント効...
04/29 声はすれども姿...
01/06 生き生きだだち...

いろいろなお話が楽しめれば嬉しいです

 

ほのか公式ホームページ

ほのかブログ
ほのかワードプレス
ついったー
りぼんコミュニティ
つぶやき掲示板
あそびにきてね!


携帯アクセス

 
   


  • ほのかブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ほのかブログ

ヘッダーナビゲーション
Blogger's Avatar
新聞がこういう態度では困ります

引用:
抜粋‥‥‥年金問題
 日弁連民事介入暴力対策委員会副委員長、尾崎毅弁護士の話 国が年金記録をずさんに扱ってきたことは当然反省すべきだが、今回発覚したような暴力的行為はそれとは別だ。行政は「トラブルを表ざたにしたくない」との意識がいまだに強く、実態はもっとひどい恐れがある。現場の職員を暴力の被害者にも、暴力に屈し不正に年金を支出する加害者にもしないため、職員の声を吸い上げ、不当な要求には組織として厳格に対応すべきだ。

[毎日新聞6月22日]


とても遺憾に感じたのは 今回発覚した‥‥それとは別だという表現。

現地では年金が受け取れずに、収入のないお年寄りは 死ぬしかない
その 人殺しの原因を作ってきた組織に対して、人命が死のうとしったこっちゃない、と、かるく2文字で 反省 って、新聞記者さんや‥‥お前さんも人殺し享受ですかぃ

年金が受け取れない‥‥‥ それはつまり 死ぬしかない

死活問題を超えて、意味も無くおカネだけ合法的詐欺で吸い取られて‥‥‥

当時に勤務先の会社を経由して勝手に自動的にピンハネ(もとい天引き)され続けて、もしその国のピンハネがなければ何も問題なく生きることができたでしょう。

たった2文字で 反省 ではなく、組織に加担した国家詐欺暴力団体の職員もすべて責任がある。実際に、そうした罪のない人から 大切な命のオカネをまきあげてあなたたち職員が食べてきたわけです。

それを、新聞記者がやすやすと それとこれは別 なんていう記事なんてかいたら、それこそ 国が詐欺した分は今すぐ返せ!手段は選ばないという主張も認める事になる。

それこそそれとこれは別と言われますよ。

根本から話し合い、早急に解決するように、意味のない年金制度を廃止し、国も責任をもって支払えない無能さを自覚し、そうした無能な詐欺組織の国の職員もこうした罪に加担している犯罪側であることを自覚して、クリーンで健全な透明のある社会をみんなで作り上げていくことが大切だと思います。

毎日新聞6月22日
(しかしこの広告のウザイのいい加減にして欲しいわ‥‥楽天インフォシーク)

このブログの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このブログの記録

投稿されたコメントの著作権はコメントの投稿者に帰属します。


投稿日: 2009/06/22 13:59  
 Re: 新聞がこういう態度では困ります
この件でネット検索してみると、その道の専門家のプロもわたしと同じ意見のご様子でした。

引用:
で、それらに付け入る隙を作ったのは、自分たちなんでしょ??
いいかげんに仕事をしてきたんだから、いつかはツケを払わされます。

仕方ないでしょうね?!
国民はみんな怒ってますし、許してもいないし。


うんうん、当然ですよね。人が死ぬ問題に発展しているのですからね。国家殺人ですよね。将来の生活金にまわるとウソをいって騙して、職員を含む自分たちに配っているわけですからね。

数十年もの、それだけの納付を貯蓄にしていたら、何も困らなかったわけです。

どんな会社でも、お客様から「オカネを納付」して頂いた以上は、責任をもって果たす。もし事業が挫折したなら、まず職員をはじめとする組織加担者は、全員おかねを払い出す。それが、まず失敗へのおわびだけではなく、まきあげたオカネに対する常識的な「根本的なおわび=給料の払い戻し」ですよね。

反省してもらって、山にでもこもって泣きわめいて頂くのはごもっともな話しですが、まず「この組織に加担した国の職員は給料を全額返還」してくださいませ。(他人のオカネを奪う犯罪活動に加担していたわけですから)

けっして他人のオカネをまきあげて、自分たちの生活費にしてはなりませんね。(極悪非道すぎ)

http://plaza.rakuten.co.jp/gyousei/diary/200906220000/
Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2018. All Rights Reserved.