みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ROKO
ランチ
金柑

ほのかひめ
インスタグラム始...
2017夏、寒い夜に...
050電話が鳴らない...

湊屋創輔
温海を駆ける
夏だ祭りだ人力車...
湊屋のチャレンジ...

猫執事
庄内を盛り上げる...

右近
17 コンチキチン―...
16. 岩波文庫「私...
(日記)ことばの...

パソコンドクター
2017暑い夏はじま...
もっぱら祈る、祈...
社員も役員も大事...





05/21 安心メール交換...
05/12 WordPressを導...
05/12 コミュネス ワ...
04/26 3Dテレビ+専...
04/04 爆弾低気圧の爪...
03/30 キュアキャンデ...
12/19 インターネット...
08/05 どこにいったや...
07/15 ハートカップの...
06/22 iPhoneの新型iO...
06/10 iPhone4公式発...
05/16 ミシン壊れた〜
12/19 次の旅は・・・...
12/18 心眼を鍛える
11/25 庄内の冬の準備...
10/15 私の家のと同じ...
08/08 ありがとうの花束
05/17 エコポイント効...
04/29 声はすれども姿...
01/06 生き生きだだち...

いろいろなお話が楽しめれば嬉しいです

 

ほのか公式ホームページ

ほのかブログ
ほのかワードプレス
ついったー
りぼんコミュニティ
つぶやき掲示板
あそびにきてね!


携帯アクセス

 
   


  • ほのかひめブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ほのかひめブログ

ヘッダーナビゲーション
Blogger's Avatar
みなさま、こんにちは。

最近、3Dテレビで裸眼で見られるとかなんとかで、気になってショップに行ってきました。専門の販売スタッフさんのトークですが、60型テレビも含めて体験コーナーがあり、いろいろ視聴して気分転換してきました。立体に関するひとつの見解があり、要するに買い方と理論みたいな感じで、なんかそれっぽかった。

いまあるものがアナグリフとシャッターと偏光の3種類。
そしてメガネを使わない裸眼タイプ。

浮き出て見えるのが、アナグリフとシャッターのみ。
奥行き感が出るのがアナグリフとシャッターと偏光。
ややエンボスっぽく感じるのが裸眼(エンボス=ちょっとくぼんで立体に見えるカナ?程度)

ということで、体験コーナーへ。(あくまでも某ショップさんのお話ですので、それは違うでしょ?とか突っ込まれても・・・当方素人ですし、ブログの記事の目的は個人日記であって、3D立体テレビ技術論評ではありません・・・)

そもそも偏光グラスタイプのものは「浮き出ない」ということでした。偏光グラスっていうのは電池が入ってないめがねをかけるやつですね。

でも、映画館のは浮き出ますよ? と聴いたところ、あれは偏光は偏光でも光源が2個あって、2つの映写機で違う角度から2つの映像を片方づつの変更メガネの限界範囲で映し出しているんですよ、テレビも液晶を2枚の光源にすれば可能ですが、同じ場所から2つの映像を同時に写しても、ふたつが見えるだけなので、それを短い周期でパラパラ交互に切り分けるのがシャッター方式なんですよ。映画館のようにしたものを家庭の狭い場所で実現したのがシャッター式です。

ふむふむ・・・家庭用の3Dテレビでは偏光グラス(電池不用めがね)では「浮き出ない」ということみたいですね。たしかに同じ3D映像で見てみましたが

電池不用の軽い偏光めがねだけのものは、奥行き感はすごいけど、字幕の方が手前に見えていて、ちっとも映像が手前に浮いた感じはありません・・・

シャッタータイプ(めがねに電池が入ってるやつ)はハッキリと映画館のように浮き出します。キャプテンEOを見てる気分ですね。それを言うならアバターですね。

こんなにちがうのね!

しかし、電池入りメガネ(シャッター式)の欠点は、顔をふると映像がおかしくなる・・・・電池なしメガネは円形フィルターなので、どの角度でも奥行き感はキープ・・・

ふむふむー

ちなみに万能なのがアナグリフで、赤青メガネ。これは浮き出ても見えるし、奥行きも出る優れもの。欠点は映像の色合いが、色眼鏡を通じて見るので半分づつ色認識が減る・・・コントラストがぼやける欠点があるそうです。(片目づつ色を減らしてるわけですしね、赤と青・・・・)

そういえばディズニーランドのキャプテンEOって、色眼鏡だった記憶がががが・・・・

そして裸眼タイプは奥行き感がちょっとあるだけ。

まるでダメですね。見る位置でも違って見えるし、常に三角点の頂点で真正面にむかってテレビを見ないと、まったく立体には見えない・・・絶妙なバランスというか・・・裸眼になるほど立体視が有効な角度がきつくなるみたい。17度とかなんとか・・・ 普通は48〜55度くらいまでいけるらしい。

浮き出る感覚はテレビの大きさと焦点距離で決まるらしく、50型以上でなければ浮き出る感覚は減るということで、それも体験!32型はまったく浮き出てませんね・・・・それだけ単体で見れば、うき出てる感じがあるのかもですが・・・・60型と比べての32型でしたから、まるで飛び出してこないですね。

浮き出るのを楽しみたいなら60型以上+電池式のメガネのみ(または赤青メガネ)
奥行き感だけでいいなら、なんでも対応(裸眼も)
色に気にしなければアナグリフ(赤青メガネ)がいちばんベスト
(ただし色が減る=コントラスト半減で色が抜けた感覚に)

ちなみに60型ではブラビアとかアクオスとかあるみたいでしたが、パナソニックの製品はいろいろな意味で長時間楽しめるような3D設計になっているというのはショップの人の説明でしたね。目が疲れにくいそうな。

価格は48万円・・・・

そして去年の型落ちモデルでよければ18万円・・・(え、1年で半値ですか)

よっぽど画質が最先端にこだわらないなら50型で19万くらいもありますし、20万円でひととおりは揃うそうな・・・(型落ち例)

・・・・そして65型の2Dの液晶が玄関で特価で15万円で売られていた・・・・個人的にはなんか15万円の65型でいいかもと思いつつ・・・・

パソコンで見れば済むし、そもそもテレビはニュースくらいだし、大画面でアニメはホームシアターでみるし・・・・まだ無理して3Dテレビにすることもないかな・・・・・というのが結論でした。

まとまりのない文章で失礼しました。(個人のつぶやきブログだしご容赦くださいまし)

このブログの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このブログは以下のURLにトラックバックしています。

このブログが受けたトラックバック

3Dテレビ+専門店の説明2012-04-26/15:58:51
詳しいことは、コミュネスの会員ブログに書きましたので、そちらでどうぞ・・・・なんか釣りみたいになってしまってごめんね......more
ほのかブログ

このブログの記録

投稿されたコメントの著作権はコメントの投稿者に帰属します。


投稿日: 2012/04/26 16:07  
 Re: 立体テレビ+家電ショップの専門家の話
ちなみに家電ショップではアナグリフタイプ(赤青メガネ)の3Dテレビは扱っていません・・・・通販サイトでメガネだけ販売はあるようなので、あとは動画サイトでアナグリフ3Dで調べて番組を探す感じですね。

アナグリフであれば、パソコンでもiPhoneでもiPadでも関係なく立体視できます。あとはセロファンとかガチャガチャの赤青の色付きカプセルで自作メガネを作るといいかもです。ネット通販では1個90円くらいで売ってますね。ちなみに100円ショップでセロファン買って自作すると10個分くらい余裕で作れます。・・・・透明おりがみを買って作ってみました。

こんなかんじ↓↓↓↓↓↓
http://communes.jp/movie/movie.php?id=528
Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2017. All Rights Reserved.