みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ほのかひめ
見出しに思わず納...
事務所オープンし...
インスタグラム始...

右近
20 『死顔』につ...
19. 平和を欲すれ...
18. 漱石の『ここ...

エビス
楽しく話を

ふぐやまふぐこ
はじめまして

窓乃雪
秋分の記
雨降りの直前に
初夏の散策

こつぶ
秘めたお付き合い...






10代は「役者入門」
30代は「作家志向」
50代は「教師安住」の私です。


携帯アクセス

 
   


  • 右近ブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

右近ブログ

ヘッダーナビゲーション
<5>論語のことば 2016/07/18 4:04 pm
Blogger's Avatar
 論語は名言名句の宝庫ですね。よく知られている「温故知新」「切磋琢磨」などの四字熟語も論語からですし、短いことばに含蓄があって教えられることが多いです。
 私が初めて知ったのは、高校時代かな、例の「子曰く、吾れ十有五にして学に志す」です。学はともかく、ある志を立てたのがこの時期でした。「三十にして立つ」は自分勝手な理解でこじつけてきたように思います。四十の「不惑」は多くの人が引用していますが、本当は至難の業で、私などいまだに惑いふためいております。五十の「天命を知る」以降はあまりにも超人的なことばなので、覚えないことにしています、笑。
 
 ところで、私の最も好きな、気になることばは、「不知為不知、是知也」。前半少し略しましたが、知らざるを知らずとなす、これ知るなり、と読みますね。孔子は、「知」とは認識であり、己の未熟を自覚することだと説いています。前回ご紹介した「初心を忘るべからず」と同じ心を言っているのだと思います。
 昨今、上滑りの知識ばかりが氾濫する世の中、戒めにしたいことばではありませんか。(了)

このブログの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このブログの記録

投稿されたコメントの著作権はコメントの投稿者に帰属します。


投稿日: 2016/07/18 17:16  
 Re: 論語のことば
私もこの知らないということを考えます。

不知、無知、未知、そして非知です。
いずれも「知らない」ですが、左から、知らない、知識が無い、未だ知らない、知ることができない、でしょうか。

知とは認識であるというというところに掛かるのですが、既知の事柄の曖昧さや不確実さも知の一部なのかもしれませんね。

コペルニクスの転換といったようなこと、100%正しいと思っていた知がある日180度変わってしまう。こんな経験から過去の自分の未熟さを顧みることが「初心を忘るべからず」に通じるような気もします。

投稿日: 2016/07/18 19:14  
 Re: 論語のことば
私は高校時代、漢文の授業が一番好きでした。
杜甫が一番好きでした。
論語の「不知為不知、是知也」はソクラテスの「無知の知」とはにて非なるものと考えています。
西洋と東洋の違いでしょうか。

投稿日: 2016/07/19 01:36  
 Re: 論語のことば
え!?っと納得出来なかった時
色々調べてみています
新しい知識で納得出来たりすると
初めにえ!って思ったいら立ちが
成長のきっかけに成っているのかもと
拒否するのは簡単かも、知ろうとする事で豊かな日々を過ごせるのかなと思います

投稿日: 2016/07/19 23:46  
 Re: 論語のことば
温故知新、切磋琢磨も論語からきてるんですね。
四十にして惑わず・・・
40になってもなおさらわかんないことばかりで悩みっぱなしです。

投稿日: 2016/07/20 16:33  
 Re: 論語のことば
アスカルさん、ありがとうございます。

中でも無知は無恥に通じて、歳をとるとこれは一番こたえます、笑。

それさえ達観できる「知」を得るのは、おそらく無理でしょう。

投稿日: 2016/07/20 16:38  
 Re: 論語のことば
こんにちは、はせひろさん。

杜甫の詩、いいですね。漢文の好きなあなたのほうが詳しいでしょうね。

東洋のは、禅に通じて、ケムに巻くようなところもあるので、それを逆手にとって、自分流に解釈できます、笑。

投稿日: 2016/07/20 16:41  
 Re: 論語のことば
蛍野光さん、久しぶりですね、お元気ですか。

コメント、嬉しいです。またよろしくね。

投稿日: 2016/07/20 16:46  
 Re: 論語のことば
松浦さん、コメント、ありがとう。

みんな迷いながら、生きているんでしょうね。

はせひろさん、アスカルさんとも同郷なんですね。

山形の方って、みな素晴らしいです。

投稿日: 2016/07/22 15:32  
 Re: 論語のことば
厚顔無恥ですね。

難しいものですね。社会常識とか、社会通念とか、一応みんなが知っていることが「正しい知」になっているのですが、そのほとんどは、科学の進歩や情勢、流行によってどんどん変わっていきますから、「知」は正しくもあり間違ってもいるということだと思うんですね。

地動説と天動説が典型で、天動説が正しいのは今ではあたりまえですが、地図も位置情報も地動説で捉えないと日常がとても営めません。

厚顔無恥を恥ずかしいとする「知」の正しさと危うさのバランスが本人の人となり、寛容さ、やさしさになっていくような気もします。老いを重ねるにつれてその危うさを「知」るようになりたいし、それに伴って、周囲も本人の厚顔無知さに寛容になってもらいたいものです。
Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2017. All Rights Reserved.