みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほのか
なにげなくメル友...
終わるのは簡単、...
結婚式はふたり、...

窓乃雪
桜_2018
花開く
非日常の迫真

Sinryu199…
モンハンワールド

ふみえ♀
メル友さんいませ...

ふぐやまふぐこ
大天使ミカエルの...
はじめまして

エビス
楽しく話を






愛知在住:2児の父、1妻の下僕。
様子見しつつ、日々雑感でも書いて行ければ...。

不束者ですが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


携帯アクセス

 
   


  • 窓乃雪ブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

窓乃雪ブログ

ヘッダーナビゲーション
Blogger's Avatar
まったくもって進歩がないながら、先週と同じことをしているわけである。

よく考えてみれば、去年も同じことをしていたような気がするし、きっと来年も同じことをしているはずだ。このような、前後の経緯から将来を予測する方法を「数学的帰納法」と呼ぶが、ここから演繹される私の将来は、大慌てでバラ園に駆け込み、30分くらいで急かされてとぼとぼ帰宅する...という人生である。
なんというか、バラを眺めながらバラ色とは程遠い未来を想像し、勝手に暗澹とするわけである。とほほ...//

さてと。そんなわけで、先週と全く同じように、本日もバラ園に行き、30分で**支配者層**に促され、渋々バラ園を後にしたわけである。たった一つの違いは、先週はバラ園の右半分、本日はバラ園の左半分を巡ったという点である。ただし、暑い日が続いたため、バラは最盛期を過ぎている。少し残念だけど、見て回ったバラの一部を記録しておく。今回は、ほぼ名称のみで。

まずは、ツルバラのアンクル・ウォルターから。



春のバラ園が賑やかなのは、ツルバラ(CL)とオールドローズ(OR)が咲くためである。これらのほとんどは、花数が多いにもかかわらず秋には(あまり)咲かないため、秋バラは色合いが美しいと言っても、どうしても園自体は寂しくなる。代わりに、春の豪華さは、まさしく夢の国なのである。
このアンクル・ウォルターは、大輪系のハイブリッド・ティー(HT)の同名品種の枝変わりであり、写真のような剣弁高芯咲きの整形花が、ツル一杯に咲き誇るわけである。豪華。(ただし、今日は花がほとんど開き気味だったので、一花のみの姿を)

同様な、HT種からの枝変わりで、素晴らしい整形花を枝一杯に咲かせる品種に、ツルのマダム・ヴィオレがある。



同じバラ園にあった、HT種のマダム・ヴィオレが下記である。



マダム・ヴィオレは、藤紫色の薔薇の中でも最強の整形花を出す品種で、切りバラにも使われるのだとか。ただし、香りは全くといっていいほどしない。コレはとても残念で、実は、藤紫色の薔薇は、「ブルー香」という、甘くてとても強い香りが漂うものが多い。ブルームーンなどがその代表品種だが、「ブルー○○」という名前が付いたバラを見つけた際は、是非香りを試してほしい。本日のバラ園では、下記のブルーリボンがとてもよく香っていた。



さてと。「今回はほぼ名称のみ」とか言いながら、しゃべりすぎなわけである。以下、今度こそ、「ほぼ」名称と写真のみにて...。

色合いの異なる花がたくさんつく、ブーケのような、ピーチプリンセス


同じくブーケのような、マリア・テレジア





イングリッシュローズの上品さは、やっぱり買い!
クロッカスローズは、淡い色に、大変な良香:





シャルロット・オースティンもER


中輪のフロリバンダ(FL)種、マチルダも、有名品種


ボーダーローズも、花だくさん。


もはや、刺さりそうなくらいに剣弁高芯咲きの、ミューズ


小輪ながら優しい色合いが好印象な、ポール・シャービル


クイーン・エリザベス(世界殿堂入りのバラ)の、色違い&ツルバラ品種なんでしょうか。スカーレット・クイーン・エリザベス


殿堂入りしたピンクの本家よりも、こちらの色合いの方が好きだな...。

さてと、まだまだ蕾も多いバラ園でしたが、かなりの数の品種では、一番花が終了している感じだった。駆け足のバラ園観察でしたが、今年の春も、女王の足元にかしずくことを許され、臣下としては満足でございます。このバラを無償で管理しているボランティアの皆様に感謝の意を表すとともに、また半年後の秋、素晴らしい色合いと芳香を堪能できますよう祈りつつ....//

このブログの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このブログの記録

投稿されたコメントの著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2018. All Rights Reserved.