みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

右近
21 「なので」どう...
20 『死顔』につ...
19. 平和を欲すれ...

ほのかひめ
インスタグラム始...
2017夏、寒い夜に...
050電話が鳴らない...

エビス
楽しく話を

ふぐやまふぐこ
はじめまして

窓乃雪
秋分の記
雨降りの直前に
初夏の散策

こつぶ
秘めたお付き合い...






10代は「役者入門」
30代は「作家志向」
50代は「教師安住」の私です。


携帯アクセス

 
   


  • 右近ブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

右近ブログ

ヘッダーナビゲーション
Blogger's Avatar
 いま京都の市中へ行くと、あちらこちらの街角から、コンチキチンというお囃子の音が聴こえます。京都の夏を彩る祇園祭の音色です。
 このコンチキチンというのは、耳に入ってくる金属の打楽器の音そのものを表しますが、祇園祭を象徴する擬声語(擬音語)ということもできます。

 擬声語は文章の上では、よりそのものを効果的に表現する技法の一つです。たとえば、私の好きな宮沢賢治の童話『風の又三郎』の中に、次のような有名な擬声語が出てきます。
 どっどど どどうど どどうど どどう
 風の音ですね。又三郎というのは、賢治の地元の東北地方に伝わる「風の神、三郎」に由来するといわれています。いかにも神様のような神々しい響きがありますが、その響きの良さから歌に歌われ暗唱されてもいます。またこういう擬声語は、都会育ちの私などは思いもつかない表現で、風土の色や匂いさえ感じ取らせるのですね。
 皆さんの土地にも、独特の言葉、擬声語といったものがあるのではないでしょうか。

 私たち京都の人間は、このコンチキチンの音色を愛し、愛されて、伝統を受け継いでいるのだと思います。(了)

写真は本番を待つ山鉾の一つ(マイフォト)

 (祇園祭は17日の前祭りに23基、24日の後祭りに10基の山鉾が巡行します。)

このブログの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このブログの記録

投稿されたコメントの著作権はコメントの投稿者に帰属します。


投稿日: 2017/07/19 09:28  
 Re: 17 コンチキチン―擬声語の話
右近さん、こんにちは!

懐かしいですね〜。
むかし、むかしのことなのに昨日のことのように思いでが再生されます。
サークルの友達と宵山に紛れ込んだり、本祭りの巡行には胸がおどるような感覚に、思わず拍手していたことがありました。

宮沢賢治の作品は私も好きです。
この世とあの世の境目に魂が運ばれていくような感覚になります。

投稿日: 2017/07/19 13:38  
 コンチキチン コンチキチキン コンチキショー。
さすが京都!風情ありますね〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
山形県酒田市では山鉾は1度途絶えてしまったのですが、近年復活して酒田祭りの観光目玉になってます(大きいのがひとつだけ)

いつか京都の山鉾を見に行きたいものです(´・ω・`)

投稿日: 2017/07/19 16:13  
 Re: コンチキチン コンチキチキン コンチキショー。
ありがとう。まさにコンチキのショーです。

酒田市は私の好きな作家の街で、好きです。行ったことないのに。

投稿日: 2017/07/19 16:20  
 Re: 17 コンチキチン―擬声語の話
ありがとう。
銀河鉄道、がまさにそうですね。

私の京都に関する文章は、はせひろさんい一番届くようで、うれしいです。

ときどきあなたを学生時代に引っ張り込みますね、笑。

投稿日: 2017/07/21 02:26  
 Re: 17 コンチキチン―擬声語の話
夏を乗り越える言葉だったのかな
共振出来るって凄いです

投稿日: 2017/07/23 14:52  
 Re: 17 コンチキチン―擬声語の話
お久しぶりです。

私、時間もなくて、他の方のブログなどをあまり見なくて申し訳なく、あなたの投稿も初めて拝見し、ご苦労され真摯に生活と向き合っておられることを知り、感じ入りました。

一方私は好き勝手な「ことば」をテーマにしておりますが、私の生き方の一端を記してもいるつもりです。

そんな私にもコメントをくださる2,3の方、閲覧してくださる大勢の会員さんに感謝しております。これからもどうぞよろしくお願いします。 右近
Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2017. All Rights Reserved.