みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

右近
26. 憲法のことば
25. 咳をしても、...
24 『広辞苑』と...

ほのか
まったり4月も中旬...
アニメ「リルリル...
インスタグラム始...

窓乃雪
桜_2018
花開く
非日常の迫真

Sinryu199…
モンハンワールド

ふみえ♀
メル友さんいませ...

ふぐやまふぐこ
大天使ミカエルの...
はじめまして






10代は「役者入門」
30代は「作家志向」
50代は「教師安住」の私です。


携帯アクセス

 
   


  • 右近ブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

右近ブログ

ヘッダーナビゲーション
  • « 前の記事 ... 
  • ... 次の記事 » 
  • 26. 憲法のことば 2018/05/03 3:04 pm
    Blogger's Avatar
     きょう5月3日は憲法記念日、今年も各地で憲法に関する催しが行われていることでしょう。私も度々集会などにでかけましたが、今年は体調がわるく参加できませんので、この片隅のブログで少しの発言をしたいと思います。
     この時期に合わせて先日、朝日新聞で世論調査の結果が報じられました。それによると、安倍政権による憲法改正に「反対」58%「賛成」30%でした。「9条」に限っては、反対53%、賛成39%で少し差が縮まります。「安倍政権による」という提示は今までにない聞き方だから、必ずしも比較はできませんが、手元にある12年前のデータでは、9条の1,2項ともに「変えない」が42%、「両項か一部を変える」が43%と拮抗していました。
     より反対の傾向が強まったといえますが、それは、いわゆる「改憲派」の論拠である、近年の安全保障環境の悪化、にもかかわらずということを意味します。また、「安倍政権による改憲」が与党内でも危惧されている事実を、世論は敏感に反映しているようです。
     安倍首相はその世論を味方につけるべく、現憲法9条を維持したまま同条に自衛隊を明記するというのですが、皮肉にも味方になるべき人々の離反を招いたようです。しかし、だからといって改憲論者は黙っていません。安倍さんの提案よりさらに改憲色の強い2項撤廃、国防軍の明記を企図しているからです。
     そもそも憲法は権力を縛るもの、国家が国民を縛るものではありません。国家を預かる政治家は率先してこれを守るべきです。また、「国民の自由及び権利は国民の不断の努力によってこれを保持しなければならない」(第13条)という人権条項もあります。平和や人権について、私たちはそういう不断の努力をしているか、憲法の日にもう一度考えてみたいものです。(了)

    このブログの情報

    トラックバックping送信用URLを取得する

    このブログの記録

    投稿されたコメントの著作権はコメントの投稿者に帰属します。

    Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2018. All Rights Reserved.