みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

掲載の基準は投稿ルールをご覧下さい。画像や動画の貼り方はヘルプをご参照下さい。

« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ほのかひめ
見出しに思わず納...
事務所オープンし...
インスタグラム始...

右近
20 『死顔』につ...
19. 平和を欲すれ...
18. 漱石の『ここ...

エビス
楽しく話を

ふぐやまふぐこ
はじめまして

窓乃雪
秋分の記
雨降りの直前に
初夏の散策

こつぶ
秘めたお付き合い...






10代は「役者入門」
30代は「作家志向」
50代は「教師安住」の私です。


携帯アクセス

 
   


  • 最新ブログ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

右近ブログ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

ページナビゲーション

<<  1 2  >>
01.日記 手記 20 『死顔』について(死生観) 2017/10/29 3:58 pm
Blogger's Avatar
 吉村昭は、藤沢周平と城山三郎とともに私の好きな現代作家です。いずれも1927(昭和2)年生まれというのは偶然ですが、共通するのは、激動の昭和を生き、藤沢と城山は軍国少年から平和主義者へ身をもって生と
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 19. 平和を欲すれば・・・ 2017/09/24 4:19 pm
Blogger's Avatar
 連日、北朝鮮と米国大統領との口汚い舌戦が報じられています。まるで子供のケンカ。あわや戦争が勃発するかという、恐怖の状況とはかけ離れたやりとりではないでしょうか。 そこへ、わが総理大臣は、負けじと大統
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 18. 漱石の『こころ』より 2017/08/30 3:17 pm
Blogger's Avatar
 今なぜ『こころ』なのか。じつは先日、高校時代からの親友をガンで亡くして、なぜかこの作品を思い出したのです。高校時代から何度か読んでいるのですが、3年前、朝日新聞で「『こころ』連載百周年」を記念して、
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 17. コンチキチン―擬声語の話 2017/07/16 4:23 pm
Blogger's Avatar
 いま京都の市中へ行くと、あちらこちらの街角から、コンチキチンというお囃子の音が聴こえます。京都の夏を彩る祇園祭の音色です。 このコンチキチンというのは、耳に入ってくる金属の打楽器の音そのものを表しま
...続きを読む

このブログの情報


 
Blogger's Avatar
 岩波文庫の90周年を記念して、同社の機関誌『図書』の特集号に著名人アンケート「私の3冊」というのが掲載されました。228人の学者・芸術家・その他の文化人が3冊ずつ挙げた総タイトルが681点。いずれも
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 (日記)ことばのない時間 2017/05/14 2:24 pm
Blogger's Avatar
 急性の大腸炎で入院したのが、ゴールデンウィークの真っただ中。 幸か不幸か人混み嫌いな私は、旅行などの予定はなく、仕事も一段落のあとだったので、ま、いいかと入院。いいもわるいも救急車で運ばれたので仕方
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 14. 花はさかりに・・・(徒然草) 2017/04/12 3:27 pm
Blogger's Avatar
 今年の桜前線は天候に翻弄されて、京都では満開も束の間、散り始めもちらほら、という現況です。 『徒然草』(兼好法師)に、 「花はさかりに、月はくまなきをのみ見るものかは」(137段)というのがあります
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 13. 最後の一句 2017/03/14 3:12 pm
Blogger's Avatar
 文豪、森鷗外の短編に『最後の一句』というのがありますが、ここで挙げる最後の一句は、同じく鷗外の『舞姫』からのものです。 『舞姫』(明治23年)はご存知のように近代文学の黎
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 12.虚と実のあいだ 2017/02/19 1:57 pm
Blogger's Avatar
 インターネットの時代と言われて久しいですが、それにつれ言葉もどんどん軽く扱われるのは、幸せなのか、不幸なのか。 若者の言葉がどうとか、カタカナ語が氾濫しているとか、そういう次元ではないのです。世界の
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 11.天声人語 2017/01/15 5:11 pm
Blogger's Avatar
 入試シーズンを告げる大学のセンター試験が始まりました。先日の「天声人語」(朝日新聞のコラム)に、「遠藤周作さんが、自分の小説を使った大学の入試問題を解こうとして、選択肢を1つに絞れず嘆いていた」旨の
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <10> みかんの言葉 2016/12/14 3:30 pm
Blogger's Avatar
 寒い、そうだ、みかんを食べよう。というわけではないのですが、冬はみかんの季節でもありますね。みかんといえば、あのオレンジの艶々とした色と酸っぱい美味しさ。そして、私など都会育ちには味わえない故郷の懐
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <9> 「ぼくはいきるときめた」 2016/11/19 2:47 pm
Blogger's Avatar
 最近、最も気になった言葉です。これは、原発災害のため福島から横浜に自主避難してきた中学1年の男子生徒が、いじめを受けて不登校になった問題で、少年の6年生のとき書いた手記が公表された、その中の言葉です
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <8> 漱石のことば 2016/10/23 2:40 pm
Blogger's Avatar
 先日、NHKの『夏目漱石の妻』というドラマを観ました。明治・大正あたりの純文学の素材は、硬派過ぎてTVドラマには不向きではないかと思っていましたが、なかなか面白かったです。漱石役と妻の鏡子役の俳優さ
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <7>「いい人は、いいね」 2016/09/25 2:07 pm
Blogger's Avatar
 今回は有名な言葉ではありませんが、小説の中にあります。 傷心の旅に出た「私」(旧制一高生)は、伊豆で旅芸人の一行と出会い、一座の十四歳の踊子と心を通わせます。それによって「孤児根性」と卑下していた自
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <6>何処から何処へ 2016/08/28 2:02 pm
Blogger's Avatar
 人間存在の不思議をよく表した言葉ですね。幼児が「ぼく、どこから生まれてきたの」ときくのが最初の疑問でしょうか。私は高校生のとき、ちょっと哲学かぶれして、三木清の『人生論ノート』を読んで、この言葉に出
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <5>論語のことば 2016/07/18 4:04 pm
Blogger's Avatar
 論語は名言名句の宝庫ですね。よく知られている「温故知新」「切磋琢磨」などの四字熟語も論語からですし、短いことばに含蓄があって教えられることが多いです。 私が初めて知ったのは、高校時代かな、例の「子曰
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <4> 初心を忘るべからず 2016/06/24 3:34 pm
Blogger's Avatar
 これは、中世の能楽の大成者、世阿弥の有名なことばです。世阿弥は後にはその芸術論と謡曲の作者として名を残しますが、当時は、能の演出家であり演者でもあったのです。それで、かれの有名なことばも、人生訓とか
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <3>山のあなたの空遠く・・・ 2016/06/05 4:21 pm
Blogger's Avatar
 「幸ひ」住むと人のいふ とつづくカール・ブッセの有名な詩(上田敏・訳詩集『海潮音』1905年)です。 遥か遠い私の青春時代によく口遊んでいたものですが、私はこの詩をモチーフに高校3年のとき、『夕映え
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <2>to be or not to be 2016/05/22 3:18 pm
Blogger's Avatar
that is the question.と続きます。スペルが心配なほど英語から遠ざかっております。じゃ、日本語でというと、これ有名なシェークスピアの『ハムレット』の主人公のセリフ、いろいろに訳されて
...続きを読む

このブログの情報


 
01.日記 手記 <1>われ思う故にわれ在り(デカルト) 2016/05/05 5:00 pm
Blogger's Avatar
 フランスの哲学者デカルトの有名なことばです。「思う」と「在り」との関係が難しいですが、私はここで哲学を云々するつもりはありません。日本語訳のこのことばが好きなのです。なにか強烈な自己主張がある。ヘタ
...続きを読む

このブログの情報


 

ページナビゲーション

<<  1 2  >>
Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2017. All Rights Reserved.