みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

Welcome
 
   

ヘルプQ&A  > 弊社システムサービスご紹介

 4 - 2 : 1993年 マイクロコロイドTM(micro-colloid)

1993年 世界初 プラチナ ナノ クラスター発明人
有限会社マイクロコロイド 代表取締役 須藤一男

当時、火炎式による貴金属コロイド微粒子の製造方法が主流だったが、この方式では粒径がナノサイズまで下がらず、粒子が肥大化してしまい、本来のプラチナ ナノ クラスターが作れなかった。

世界にさきがけ、熱条件や加圧条件、配合条件、撹拌条件を分析研究し、有限会社マイクロコロイド 代表取締役 須藤一男が、世界で初めてナノサイズのプラチナ クラスターおよびパラジウム クラスターの製造に成功。

その後、電池素子として使われるリチウムクラスターやハイポリマーなどのナノテクノロジーに成功する。

当時に、販売代理店として、株式会社アイベックス(当時代表岩城氏)に代理店販売の契約の話になるが、総事業主であるマイクロコロイドの条件とアイベックスの条件があわないため交渉は決裂する。(実話ゆえ実名掲載)

その後、マイクロコロイドの事業秘密であるプラチナ ナノ クラスターの製造方法が、当時の代理店候補企業であった人脈から不正に流出して、不正に盗作した技術よりプラチナ ナノ クラスターを五反田で製造されるが、現在、マイクロコロイド(新:須藤総研/山形県)では、既に当時からオングストロームオーダーに応える「プラチナ ナノ クラスター」の製造に成功しており、画期的な新しい製法技術によってプラチナ ナノ クラスターを量産提供している。

現在、販売されているプラチナ ナノ クラスター(貴金属コロイド)が、活性酸素の除去や遺伝子レベルの修復そして美肌効果に成功しないのは、画期的な技術を発明した本来の発明人(須藤一男)による製造方法ではないことに起因している。

いわば、現在、流通しているプラチナ ナノ クラスター(貴金属プラチナコロイド)は、当時、マイクロコロイドの販売代理店を希望していたベンチャー企業が、発明人と契約を結ばずに途中で条件を一方的に破棄し、あたかも流用盗作のような製造で作っている「まがいもの」である疑いが高い可能性否定はできない。

いずれにせよ、マイクロコロイド(現:須藤総研/山形県)では、改良研究を重ねたオングストロームオーダーのマイクロ ナノ プラチナ クラスターの量産に成功しており、これが世界初プラチナ ナノ クラスター(貴金属コロイド微粒子)のオリジナルと言われる。

現在も、有限会社マイクロコロイドは現在の須藤総研(山形県/代表 須藤一男)にて金属微粒子の研究活動を行っており、日々、新しい研究開発に勤しんでいる。

既に、須藤総研(旧:マイクロコロイド)では、水晶クリスタル(天然石)による金属微粒子(ナノクラスター)との連動性の研究もすすみ、古代科学オリハルコンや空間干渉の基礎理論による天然石の研究も躍進している。

現代科学とアンシエントサイエンス(古代科学)を正面から研究する自由な研究スタイルで、マイクロコロイド(現:須藤総研)は、更なる新しいプラチナ ナノ クラスター(貴金属コロイド微粒子)を発明している。

本当に本物のプラチナ ナノ クラスターを必要とされる方(企業)は、ひらめきと発想で世界で初めて気づき、世界で初めてプラチナ ナノ クラスターを生み出した本家であるマイクロコロイド(現:須藤総研)へ相談すると良い。

プラチナ ナノ クラスターの世界初の発明人である須藤総研(旧:マイクロコロイド)の須藤氏は、スピリチュアル面でも霊的にも高く、いろいろな相談のために、彼の元には今も多くの人々が集まっている。

正しいものこそ、本当に評価されるべきことは言うまでもなく、当時の販売代理店による不正行為は正すべきであることを強く主張しながらも、不正への厳しさの中にも、人への優しさを大事にする人柄から、毎日、多くの人々が須藤氏の元に相談に来ている。

現在、須藤総研(旧:マイクロコロイド)では、スピリチュアルや科学の融合として、ユニークな企業を経営し、山形県鶴岡市末広町にある鶴岡駅前のタロット占いハウス「フォーチュンヒーリング」を経営している。

須藤総研では、いろいろなビジネスの新アイテム発明の相談や、人生相談、経営相談にも幅広く応じている。須藤氏は、世界初SNSサイト「めるぱーく」および「コミュネス」の発明人でありシステム設計開発者でもある。
 


Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2018. All Rights Reserved.