みんなの情報交流サイト
ご利用はすべて無料です。
ご自由にお楽しみ下さい。

 
 


 
   

ログインすると投稿できるようになります
ログインすると投稿できるようになります   ログイン

9: ほのか [2014-03-07 06:26:26]
CDでましたねー!

CGデザイナー担当の宮本さん直筆の絵とか入手してきたので、ネット公開された合法配布著作物なので問題ないと思いますけど、こちらの非公開コミュにアップしておきますー
10: ほのか [2014-03-07 06:31:17]
しかし、このアイラインは正直むずかしいのですよね・・・

楕円の微妙な角度だけでキャラ表現しますから、しっぱいすれば、できすぎくんとシズカちゃんのコラに・・・

こうみても、まだ姫も安定してないというか・・・
ちょっと違う感はありますよね。

すべて目ですね・・・簡単なほど難しい。(ドラえもんも実は難しい)
まあ、似てはいるが、原作とはどことなく・・・・という具合

もちろん、そのギャップもまた楽しいのがアニメですから。
フレッシュなんて、線は細いは、外国人トレーサーが多いから、だれこれ状態が毎回続くは、へたすぎだろ?も味があって楽しいやら、まあ、そんなです。

レコジャケはこれね。(非公開コミュにしている理由の通り、転載禁止なのでよろしくだよー)
ハピネスチャージプリキュア(2014年)

ほのか
オフライン
作成日 2013年11月16日
TOP    更新日時 2015年02月23日 (20:56:34)
こちらは東映アニメーション2014プリキュア「ハピネスチャージプリキュア」の情報交流コミュニティです。東映アニメーションで登録商標出願で「ハピネスチャージプリキュア」で決定しました。パフパフ〜

いろいろ盛り上がってまいりましょう!

コメント
<<   1   >>
21件中 1-21件を表示 

ほのか
オフライン
作成日 2013年12月19日
No.1    更新日時 2013年12月19日 (21:33:11)
公式サイトはこちら
http://www.toei-anim.co.jp/tv/happinesscharge_precure/

公式ロゴマークはこちら!

  


ほのか
オフライン
作成日 2014年02月01日
No.2    更新日時 2014年02月01日 (04:40:03)
いよいよ明日ですねー 2/2(日)

ドキドキしますねー

ほのか
オフライン
作成日 2014年02月08日
No.3    更新日時 2014年02月08日 (19:27:00)
オープニングです〜


ほのか
オフライン
作成日 2014年02月08日
No.4    更新日時 2014年02月08日 (19:27:19)
エンディングです〜


ほのか
オフライン
作成日 2014年02月08日
No.5    更新日時 2014年02月08日 (19:56:28)
さっかんさん(作画監督)も、今期はやりやすそうな絵作りですね。

そう、特徴はずばり「目」の簡略化

いままでプリ絵の特徴は、ちゅーにとは思えないほどの異常なマスカラ・・もとい、まあ、アイシャドウのことですが、これが今回はドラえもんに通じるくらい「超かんたん=まんまるおめめ」です。

いや〜簡単で嬉しい!

でも、簡単すぎるとキャラの違いを描くのに逆に特徴が無くなってしまうので、アイテムでごまかすことになり、たいへんなわけです。ドラえもんでいえば、出木杉君にスカートはかせて三つ編みにすればしずかちゃん・・・同一キャラをアイテムでごまかすだけ。

作画うんぬんの前に「キャラ設定」に問題が・・・っ

今作は更にキャラのコスチューム設定が毎回のようにドレスアップで変わる作品だけに、こりゃあ、サッカンさんもたいへんだー!

その辺が注目と言った感じかな。あとはストーリー構成はのっけから成田さんなので、安心してお話を楽しめそうですね。成田さんの回なら、エロやパンチラに踏み外すことは無いので、精神的にもいろいろ安心して視聴できます。

いろいろ見応えばっちりですね〜

ほのか
オフライン
作成日 2014年02月08日
No.6    更新日時 2014年02月08日 (20:08:11)
目の違いはこんな感じ

10年前 キュアブラック
5年前 キュアピーチ
いま キュアラブリー

        
  


ほのか
オフライン
作成日 2014年02月12日
No.7    更新日時 2014年02月12日 (16:23:04)
さてさて、お待たせしました、いつも恒例の立体音響アレンジ版完成です。2話くらいまで見ないと世界観というか雰囲気イメージがわかなくて・・・やっと2話まで見たので、こんな感じかなーみたいにアレンジしてみました。

最近コメントが少ないのであれすが、ログで読んでもらえていることは知っているので、ありがとうですー(でも、コメントも欲しいなw)


ほのか
オフライン
作成日 2014年02月21日
No.8    更新日時 2014年02月21日 (14:19:44)
最近、やっぱりというか、インターネット検索エンジンでプリキュアがらみでよく見られている検索キーワードを見ていると、

「ハピネスチャージ プリキュア ひょっこりひょうたんじま」

というキーワードがかなり多いようですね。ヤフー統計・・・
私のコラボアレンジの動画もヒットしているようで・・・うは

まあ、問題のそれはこれです。
http://communes.jp/movie/movie.php?id=775

まあ、旋律は完璧に同じですが・・・8小節までなら法律的にはパクリにはならないという前例もありますしね。良い作品は似てくるのは仕方ない・・・

ほら、いま若者に人気の「千本桜」だって、いってみれば昔のYMOの旋律のパクリで何も新しいことなんて一つもないですしね。

ほのか
オフライン
作成日 2014年03月07日
No.9    更新日時 2014年03月07日 (06:26:26)
CDでましたねー!

CGデザイナー担当の宮本さん直筆の絵とか入手してきたので、ネット公開された合法配布著作物なので問題ないと思いますけど、こちらの非公開コミュにアップしておきますー

     


ほのか
オフライン
作成日 2014年03月07日
No.10    更新日時 2014年03月07日 (06:31:17)
しかし、このアイラインは正直むずかしいのですよね・・・

楕円の微妙な角度だけでキャラ表現しますから、しっぱいすれば、できすぎくんとシズカちゃんのコラに・・・

こうみても、まだ姫も安定してないというか・・・
ちょっと違う感はありますよね。

すべて目ですね・・・簡単なほど難しい。(ドラえもんも実は難しい)
まあ、似てはいるが、原作とはどことなく・・・・という具合

もちろん、そのギャップもまた楽しいのがアニメですから。
フレッシュなんて、線は細いは、外国人トレーサーが多いから、だれこれ状態が毎回続くは、へたすぎだろ?も味があって楽しいやら、まあ、そんなです。

レコジャケはこれね。(非公開コミュにしている理由の通り、転載禁止なのでよろしくだよー)

     


ほのか
オフライン
作成日 2014年03月07日
No.11    更新日時 2014年03月07日 (06:38:18)
>>9 >>10 ね、姫を比較すると、本家デザイナーさん同志でも、姫のイメージ違うよね。

宮本さんはこちらの方です。(下の画像開いてね)

  


ほのか
オフライン
作成日 2014年03月10日
No.12    更新日時 2014年03月10日 (20:31:11)
ハピネスチャージプリキュアのEDの歌詞。
10周年だけに全部登場します。

マックスハートでスプラッシュスター
Yes! フレッシュ、ゴーゴー!
ハートキャッチよ! スイートなスマイル!ドキドキ!
ハピネスチャージ ♪

テレビでは聞けない2番目のところですね。

audio マックスハートでスプラッシュスター.mp3


ほのか
オフライン
作成日 2014年04月01日
No.13    更新日時 2014年04月01日 (02:47:56)
キュアラブリーの衣装について「ドロワーズ」確定

  


ほのか
オフライン
作成日 2014年04月01日
No.14    更新日時 2014年04月01日 (02:50:48)
キュアプリンセス・・・なさけない顔して必殺技・・・・

これもまた新しい表現ですねーっ

  


ほのか
オフライン
作成日 2014年04月07日
No.15    更新日時 2014年04月07日 (20:26:37)
おおもりゆうこ ゆうゆう というわけで、テリーマンゆうゆうとキュアハニー

     


ほのか
オフライン
作成日 2015年01月22日
No.16    更新日時 2015年01月22日 (04:33:50)
ハピチャはほとんどスレが無かったという・・・
出だしは良かったのですけどね。
展開も良かったけど、ラスボスがショボイ・・・
レッドのわけわからん求愛で引いた・・
ラブリーが可愛そうすぎる・・・・

前作は、ぶたのしっぽやらエースやらハートにダイヤにクローバー(ロゼッタ)にスペード(ソード)、トランプでしたが、今作は、タロットカードですね。

フォーチュン(運命の輪)、恋人(ラブリー/lovers)、愚者(フール/学年最下位)、世界(神/world=ブルー)、月(ハニームーン)、女帝(プリンセス)

タロットの大アルカナですね。

ほのか
オフライン
作成日 2015年01月22日
No.17    更新日時 2015年01月22日 (04:50:15)
個別のシナリオは面白かったのだけど、シリーズに流れるテーマがよく伝わってこなかった感じ。

1、愛
2、浄化
3、遊び(開放)

最終回で答えがわかる、、、というのでは、さすがに引っ張りすぎだし、必ず初めからよく知っているキャラが黒幕的な意外性もすくなく、ラスボスを突然に生み出す手法は「よくある売れないアニメ」の共通テクニックだから、いろいろ無理があった気がしなくもない。

せっかくのラブリーが活きてこないのが残念だけど、こういう感じもまた斬新だったのかもしれませんね。後半の絵の力の入れ方はハンパなく、すごい出来だったのは感心。

でも、やはりマンガもアニメも「ストーリーあっての絵」ですから、脚本と演出がうすっぺらではアニメーションは語れないわけで・・・しかし、視聴世代を考えれば、よりシンプルでよりわかりやすく、より均等である、といった「人類の本来の理想」をチビっこにもすぐにわかる形で詰め込む作業というのは、超天才でも無理といったところ。

そういう意味では、人類の滅亡(惑星レッド)、神と人類(宗教)、そして愛し合う心(人間愛)といった、ひとつでも劇的に難しい課題を3つもつめこんだハピネスチャージの世界は、難しかったんじゃないかなと思います。

もっと、異文化だの超能力だのキャラ沸かしだのトリッキーな仕立てにして、美少女だけキャラが数名浮いてればいいや的な「いまどきのオタク市場だけ狙い」ならあれだったでしょうが・・・

そうは本家アニメの元祖たる質は、甘くは無い。

下手に知識ある大人の2Dオタをだますのなんてチョロいからね。逆にもっと低年齢層になると、親も含めて安心して納得で感動と楽しさがメディアミックスした完全なる美少女を描くわけだから、そんなオタクアニメのような簡単で同人的なチョロい感覚では作れない。

かといって、まいとし繰り返しのどこぞのロリ監督のアレででは困るわけだが・・・・あの手は、それなりには見られても、感動があまりない。ファンタジーばかり・・・・だから10年もしないで終わり。続かない。

プリキュアが11年も続いている、というのは、そうした点で、かなりアニメの本質がよく描かれているのだろう。

これから、プリンセスプリキュアにバトンタッチだけど、目先の変身トイグッズの販売ばかり視野にいれた作品だと、あとあとDVDやブルレイ製品が売れなくなるから、もっとストーリーの全体の展開を「トークなし」に映像で見せられたらよかったんじゃないかな。

後半の最終回にむけた1カ月は、トークばかりで説教臭くて、絵で表現できない典型的な構成になってたようで残念。最後の方なんて前も10分もずっと殴りっぱなしの48話とか・・・「話して分からないなら殴ればいい」なんて曲解されたんじゃ、シリーズの恥だし・・

なぜ、その1発のシーンが、どんな意味で手を出さざるを得ないのか、という本質がまったく感じられず、ずっと戦闘シーンばかりでは、どこぞの少年漫画の戦闘アニメと変わらない・・・ターゲットが違う。そっち路線で美少女でいきたいなら、パンチラシーンでも描けば「大きなお友達」がドバっと寄ってくるだろうけど、これからの展開ってそういうことなの?(違うはず)

おっと、つい熱くなってしまいました。
よい作品に期待するほど、熱が・・・

ほのか
オフライン
作成日 2015年01月26日
No.18    更新日時 2015年01月26日 (09:55:43)
ハピチャのキーシーンはこちらでした。

以前、プリキュアOPの伝統?で、OP映像に最終回のキーフレームが混じっている話をしたけど、ミラージュの涙がキーワードかと思ってましたが・・・・

ハズレ!

こちらの最後の最後の「地球がバック」がキーフレームでしたね。

なぜ?地球が背景?月も奥に写ってる?!
そう、ラブリーが立っているのは、いったいどこなの?

これがキーワードだったようです。

最終回も終わったので、ネタバレでいいかと思いますが、この惑星が「惑星レッド」、地球とは兄弟星で、ブルーはレッドの弟の神様という設定。

・・・・ブルー、はじめから言えよ・・・1年ひっぱんなし

と、ツイッター民からのブーイングも多かったようですが・・・まあ、低年齢向け女児アニメだし細かいことはとりあえずいいじゃん。楽しめれば。

まあ、ひねりもなくシンプルに終わった10年目の作品でしたとさ。
めでたし、めでたし

     


ほのか
オフライン
作成日 2015年01月26日
No.19    更新日時 2015年01月26日 (10:22:44)
もう見納めですが、オープニングを貼っておきます。


ほのか
オフライン
作成日 2015年02月24日
No.20    更新日時 2015年02月24日 (12:21:40)
第1話のオープンカードに、実は最終回のヒントが隠されていたという、ハピネスチャージの都市伝説などを。

こちらのOPカードですね。OPカード、EDカードは、それぞれのオープニング、エンディングの後に出る放映時間のタイムチャートあわせの静止画のことです。

最近は似顔絵コーナーになってたりします。

ハピネスチャージ1話のOPカードをよく見ると、黒板には、青と赤と黄色のマグネット。そして向かって右にはハートマークにプリキュアの象徴カラー4色。

広大な黒板を宇宙に見立て、惑星ブルー(地球)、惑星レッド、そしてミラージュの黄色(クインミラージュの髪色)が配置されています。

ハートはハピネスの象徴で、これは後期のエンディングにも歌詞で出てきます。

ピンクや青や黄色(紫)
いろんな色であふれている
アイシテル この世界(ソレカラ)

そして、最後のキーマンはせいじくん。プリキュアのジンクスというか都市伝説では、1話やOPEDカードに登場していたキャラクターや象徴カラーが最終回のヒントになっていることが多いですが、ハピネスチャージは、どこで惑星レッドなんていきなり持ちだしてきたんだ?と思ってましたが

なんと、1話から黒板にこうして描かれていたというわけですね。
これは、気づかないですよね〜wwww

1回壊れた惑星をまたブルーたちと新しく生み出しなおす、だからブルーも2個、レッドも2個、ミラージュはブルーの愛を受け入れたので、もう裏の顔には戻らないのでマグネットは1個。

最初はブルーもレッドもばらばら(下方のマグネット)だったけど、ミラージュをプリキュアによって取り戻した後は、ブルーもレッドも兄弟なかよく一緒に寄り添ってる(上方のマグネットで表現)

すごいよく考えられてるな〜と感心。これが偶然だとしても、そう読み取れるのは「絵」の感性の表現のパワーそのもの。人間の持つセンスのパワーですね。

  


ほのか
オフライン
作成日 2015年06月24日
No.21    更新日時 2015年06月24日 (01:35:24)
そういえば、最近、またBDをみながら発見したのだけど、
この、めぐみのフライトシーンは大人がみてもキラキラしてて素敵ですよね。

ほんとにワンカットしかないので、0.1秒で流れるワンフレームですが、すごく素敵で何度も見入ってしまいますね。

映画版のバレリーナの特別EDのワンシーンです。このフレームに気づいてから、BD買ってよかったと数倍も価値を感じる今日この頃です。

ハピチャ(ハピネスチャージ)は、3回くらいリピートしてから味がわかる「大人向け」の作品かも知れませんね。最初、リアルタイムで見てた時と違って、あとからじっくり見てみると、いろんなところに、遊びあり、ヒントあり、楽しさありといった作品になってますね。

最後にちょろっと出てきた感のレッドも実は最初から出てましたね。

  

<<   1   >>
21件中 1-21件を表示 

ログインすると投稿できるようになります   ログイン

Copyright (C) Communes SNS Community since 1993-2018. All Rights Reserved.